CD > カンテ > ルイス・デ・ラ・ピカ「タルデス・デ・コリント」

ルイス・デ・ラ・ピカ「タルデス・デ・コリント」

ルイス・デ・ラ・ピカ「タルデス・デ・コリント」

拡大画像
販売価格 : 3,200 (税抜)
ポイント : 105
数量
在庫切れ商品を予約する

ヘレスの吟遊詩人、ボヘミアン、酔いどれ天使ルイス・デ・ラ・ピカ08年盤!
                                   
                    中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)
 酔いどれ天使のようなしゃがれ声――48歳で夭折したルイス・デ・ラ・ピカ(1951〜1999)は、ヘレスの名物ヒターノだった。仙人か浮浪者かといった風貌そのままに、実生活も破天荒なボヘミアン。サンティアーゴ街の通称サングレ通りに生まれ、幼少時から初代テレモートらにフィエスタで学び、修行時代はタブラオで経験を積む。だが元来人見知りの性格ゆえ、内輪で唄うことを好み、カマロンや闘牛士らにも深く愛された。本領発揮はブレリアで、本作も全8曲中、5曲がブレリアのライヴ録音。歌い継ぐレトラの大半が自作で、思い浮かぶと紙ナプキンやタバコの箱へ手当たり次第にメモしていたという。「鳩よ、飛べよ鳩/飛び続けろ/夜がつかまえにくる/太陽が沈み/月が昇り/お前はどこへゆく(7曲目ブレリア)」。「湖のほとりを歩く/水は不思議だ/水は生きている/黙して見つめてくる(6曲目タンゴ)」。タイトルは「茜色の夕方」の意で、収録のブレリア2曲では"夜"ヴァージョンを唄う。伴奏はディエゴ・デル・モラオやニーニョ・ヘロらで万全。2008年制作の再発売盤。

Cortijo "de la Ina"(Buleri'a)/Vivan los toreros(Cantin~as)/Y te llaman ola(Buleri'a)/Olvidarlo "Lo mejo"(Solea')/Amigo del aire(Buleri'a)/El sol !ay? el sol(Tangos)/Tardes de corinto(Buleri'as)/Miro mis manos(Buleri'a)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。