CD > カンテ > エスペランサ・フェルナンデス/第3作('13)「ミ・ボス・エン・トゥ・パラブラ」

エスペランサ・フェルナンデス/第3作('13)「ミ・ボス・エン・トゥ・パラブラ」

エスペランサ・フェルナンデス/第3作('13)「ミ・ボス・エン・トゥ・パラブラ」

拡大画像
販売価格 : 3,240 (税込)
ポイント : 97
数量
在庫切れ商品を予約する

エスペランサの満を持しての新譜は、今をときめくドランテスのサポートを得て、考え抜かれた極上の作品。  

 セビージャのカンタオーラ、エスペランサ・フェルナンデスが、6年ぶりに満を持してのアルバムを発表した。ポルトガルのノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの詩を全編に採用し、音楽監督,アレンジに今をときめくピアノのドランテスを使い、鉄壁の準備をし、考えに考え抜かれたハイレベルな仕上がりになっている。例えばコンパス1つ採用する場合も、「ア・テンポ・デ・ソレア」「ティエンポ・デ・ブレリア」など自らの感覚に基づいたフィルターを通しているようにも思える。そして3曲目の「ティエンポ・アタンキジャオ」はドランテスが自身の近作で編み出した新しいコンパスだ。タンギージョに似ている。このように各曲の仕上げに安易な妥協は無く、考え抜かれており、それでいてフラメンコが強く感じらる作品になっている。ピアノ、編曲ドランテス、ホセ・ミゲル・エボラ、ギター、ミゲル・アンヘル・コルテスほか。全10曲、歌詞付き。

A ti regreso mar(Garrotin)/Dimisio'n(Libre)/En esta esquina del tiempo(tiempo atanquillao)/Dijeron que habi'a sol(A tempo de solea)/Alegri'a(tangos)/Balada(Malaguena y Abandolaos)/Ha de haber(Tiempo de Buleria)/Alzo una rosa(Ergo uma rosa)/Madrigal(Lenta buleria al golpe)/Intimidad(Buleria

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。