アーティスト・シリーズ別 > 俵英三('12)「羅門/ラモン・エイゾー・タワラ」

俵英三('12)「羅門/ラモン・エイゾー・タワラ」

俵英三('12)「羅門/ラモン・エイゾー・タワラ」

拡大画像
販売価格 : 2,000 (税込)
ポイント : 60
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

重いハンデを背負うことで、逆にフラメンコの深い奥底から響いてくる音色を獲得した俵英三。 

 2012年、プリメラギター社主宰のギターコンサート『一曲入魂』における俵英三の演奏は圧巻だった。後で知ったことだが、彼は指を痛めていたという。視覚を失った人間が音に鋭敏になるように、彼は重いハンデを背負うことで、逆に、フラメンコの深い奥底から響いてくる音色を獲得した。本作は同12年8月、新宿エル・フラメンコでのライブ録音である。音質が素晴らしい。全4曲。

 ラモンは今、ギタリストとしては致命傷ともいえるフォーカル・ジストニアという難病と闘っている。だが、指が動かなくなった事で彼の表現力を妨げるものは何もない。そして、それだけではない。フラメンコとは感動を伝えるもの、指で弾くものではなく、アフィシオンで弾くものだと教えてくれる。自分の響きに耳を傾け、一つ一つ確かめるように弾くラモンの音色には、今まで経験してきた彼独自の歴史と感動が溢れているのだ。(松村哲志/フラメンコ・ギタリスト)

シギリージャ/MC1/ロンデーニャ/MC2/グラナイーナ/ソレア

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。