新着商品 > ミシェル・カミロ&トマティート(’16)「スペイン・フォーエヴァー」

ミシェル・カミロ&トマティート(’16)「スペイン・フォーエヴァー」

ミシェル・カミロ&トマティート(’16)「スペイン・フォーエヴァー」

拡大画像
販売価格 : 3,240 (税込)
ポイント : 97
数量
在庫切れ商品を予約する

カマロン伴奏のトマティートとは別人!ヒターノの黒い音を洗練の極に押し上げている。

 ドミニカ共和国出身のラテン・ジャズ・ピアニスト、ミシェル・カミロとフラメンコ・ギタリストのトマティートの2人のコラボは、はや17年前の2000年にアルバム「スペイン」で始まった。そもそも2人の出会いのキッカケは、その3年前の97年、バルセロナ・ジャズ・フェスティバルの共演からであった。その後2人はコラボを続け、2006年には[スペイン・アゲイン」をリリース。東京でもブルーノートで新鮮味溢れるデュオを聴かせた。そして本作の3作目は「スペイン・フォーエヴァー」と題され、3部作が完成した。恐らくこれで終わりなのだろう。本シリーズは古今の名曲を取り上げてきているが、本作でも、エグベルト・ジスモンティ、ピアソラ、エリック・サティ、映画音楽のエンニオ・モリコーネ、仏ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルト、ルイス・ボンファ、チック・コリアらを取り上げている。パコ・デ・ルシアのスーパー・ギター・トリオがバトルであったのに対して、ミシェルとトマティートのそれは、果てのない融合である。多くのファンを持っているミシェル・カミロの華麗なピアノプレイは文句なしだが、カマロンの伴奏者だったころのトマティートとは隔世の感がある。つまりその表現力の高さ、深み、重みの素晴らしさである。全10曲。

Água e vinho/Our spanish love song/Oblivion/Gnossiennes No.1/Cinema paradiso/Love theme/Nuages/Carnival (Manha de carnaval)/About you/ Armando's rhumba

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。