すべての商品 > ラファエル・ロメーロ「マエストロス・デル・カンテ・フラメンコ」

ラファエル・ロメーロ「マエストロス・デル・カンテ・フラメンコ」

ラファエル・ロメーロ「マエストロス・デル・カンテ・フラメンコ」

拡大画像
販売価格 : 2,800 (税抜)
ポイント : 90
数量
在庫切れ商品を予約する

ラファエル・ロメーロを知らない方に!円熟に磨きがかかり、持ち前の熱さも爆発する絶頂期。   

 フランスレーベルBAMより1959年発売のLP復刻盤。当時ロメーロは50歳手前だが、円熟に磨きがかかり、持ち前の熱さも爆発する絶頂期。伴奏はペリーコ・デ・ルナール祇い如∋朿Χ指のゴールデンコンビだ。.▲襯椒譽△録系鎖敬悗愬輩仲人が諭すような婚礼唄。冒頭献辞は制作の仏評論家ピエール・ルフラン氏のこと。▲轡リージャはマルーロとニトリの歌詞で、哀切な絶唱はロメーロ印の真骨頂。ビジャンシーコス・ヘレサーノスは一転、荘厳な祝祭クリスマス・ソング。ぅ謄エントス・カンタローテは有名な「Con mi Dios hablo y le digo」で始まり5つのレトラ全編、愛と不条理の世界。ゥ屮譽螢▲垢蓮屮侫▲覆肇織覆鰐を買いに行って酒にカネを使っちまった」の詞が秀逸。Ε蕁Εーニャ・デ・クーロ・ドゥルセはハイトーンのサリーダに広声域と曲の魅力が凝縮。Дロティンは定番詞の韻律亜種「Pregúntaselo a mi abrigo」や、太陽を飲む男のレトラが面白い。ラストの┘泪襯謄ネーテはカンテ・ヒターノの原点と言える素朴な力強さ。偉大な唄い手はかくも多芸だった。全8曲。<中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)>

 【注】フアン・バレア、ペリーコI世との2枚組「グラバシオネス・エン・パリ(1956〜1959)」CD1収録のラファエル・ロメーロと同一音源。

Alboreas/Siguiriya/Villancicos Jerezanos/Tientos del Cantarote/Bulerías/La caña de Curro Dulce/Garrotín/Martinetes

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。