新着商品 > アルバ・モリーナ('17)「カミナンド・コン・マヌエル」

アルバ・モリーナ('17)「カミナンド・コン・マヌエル」

アルバ・モリーナ('17)「カミナンド・コン・マヌエル」

拡大画像
販売価格 : 3,456 (税込)
ポイント : 103
数量
在庫切れ商品を予約する

ハスキーで粘り強い叫びに、マヌエルの残像が。血縁者のみが可能な境地まで踏み込んだ力作!

 2015年にマヌエル・モリーナが66歳で逝去し、二度と生では見られなくなってしまった永遠不滅のデュオ「ローレ・イ・マヌエル」。その二人の娘で歌手のアルバ・モリーナは二年前「カンタ・ア・ローレ・イ・マヌエル」('16)で、両親の往年のヒット曲をカヴァーしたが、本作はその続編。現役時は母ローレが唄、父マヌエルがギター&作曲が基本スタンスだったが、マヌエルがヴォーカルの「ポル・プリメラ・ベス」「ラ・プラスエラ・イ・エル・タルドン」「ヒラルダ」のように隠れた名作は数多く、それらを中心に選曲。元来の声質とキーが父に近いからか、ハスキーで粘り強い叫びに、マヌエルの残像が鮮烈に浮かぶ。が、アルバ本人のカラーも明らかで、血縁者のみが可能な境地まで踏み込んだ力作だ。─屮▲襦Εロティン」は、'70年代伝説のアンダルシア・ロックバンド「スマッシュ」時代へのオマージュ。ラスト「マヌエル」はアルバの自作詞に、ギターのホセリート・アセドと共同作曲したオリジナル。「一緒のときが私の心の夏だった――」と切り出すレトラが沁みる。全11曲、歌詞付き。(中谷伸一<「PURO DRUNKER」執筆者>)

Casta/Bulerías de Manuel/Giralda/Conversación de gitano/A ustedes señores míos/Por primera vez/La Plazuela y el Tardón/Al Garrotín/Canción de lirios moraos/Si yo pudiera/Manuel

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。