CD > カンテ > イスラエル・フェルナンデス/第3作('18)「ウニベルソ・パストーラ」

イスラエル・フェルナンデス/第3作('18)「ウニベルソ・パストーラ」

イスラエル・フェルナンデス/第3作('18)「ウニベルソ・パストーラ」

拡大画像
販売価格 : 3,000 (税抜)
ポイント : 99
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

大手ユニバーサルからカンテ第3弾!次世代カンタオールが「パストーラ」を歌う。

 トレド生まれのヒターノ歌手、イスラエル・フェルナンデスが、大手ユニバーサルからカンテ・アルバムの第3作をリリースした。彼は現在27歳。この若さで大手レコード会社から3枚目を出せるというのはレアなことであり、巨匠カルロス・サウラ監督に「新しい時代を担うカンタオール」と評されただけのことはある。デビュー作は09年、第2作は14年だった。本作では「ロス・パボン」すなわちニーニャ・デ・ロス・ペイネス、弟のトマス・パボン、夫のペペ・ピントに思いを馳せ、リスペクトし、オメナーヘとしている。そこここに懐かしいペイネスの歌声が新世代のカンタオールに受け継がれていく。勿論歌い方やアレンジは現代ものにだが、間違いなく先人を継承している。ギターはカルロス・デ・ハコーバ、ゲストで足音にサラ・バラス、ギターでフアン・カルモナ・カンボリオ、ヘスス・デ・ロサリオ。全9曲。

La luz del entendimiento (Tangos)/Lagartijera (Canción por bulerías)/A la mina del Romero (Taranta)/El príncipe de la Alameda (Soleá por bulerías)/ La Niña del Paiti (Rumba)/Lo mismo que una rosa (Fandangos)/Pastoreando (Bulería)/Granate (Granaína)/Cositas gitanas (Seguiriya)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。