すべての商品 > ダビ・カルピオ/第2作('18)「コン・ラ・ボス・エン・ラ・ティエラ」

ダビ・カルピオ/第2作('18)「コン・ラ・ボス・エン・ラ・ティエラ」

ダビ・カルピオ/第2作('18)「コン・ラ・ボス・エン・ラ・ティエラ」

拡大画像
販売価格 : 2,916 (税込)
ポイント : 87
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

昔ながらのカンテ・ヘレスの味わいに、実験的テイストが意外な調和を見せる!

 2014年のライヴアルバム「ミ・ベルダー」に続くソロ第2作目は、同郷ヘレスのギタリスト、サンティアゴ・ララ制作指揮によるスタジオアルバム。サンミゲル地区のヒターノ一族カルピオ家の出で、1975年生まれのダビは、ベレン・マジャやアンドレス・ペーニャらの舞踊伴唱でキャリアを積んできた40代。ナマ録音だった前作と比べ、いきなり伝説のエル・ネグロ・デル・プエルトの声で驚かす.蹈泪鵐擦蓮途中からギターとパーカッション、コントラバスとベースが入るフュージョンへ。ソレアもコントラバス一本と掛け合い、タンゴ・デル・ピジャージョい魯丱鵐疋優ンとの異色コラボ、ファンダンゴ・ポル・ソレアイ任魯瓮襯札妊后Ε襯ぅ垢離スタネットと共演。ダビの昔ながらのカンテ・ヘレスの味わいに、実験的テイストが意外な調和を見せるのは、多彩な踊り手のバックで培った対応力の賜物だろう。の両親に捧げるブレリアでは、母への愛を煮込み料理「プチェーロ」に託す素朴さが実にヘレス的。マヌエル・バレンシア3曲、ディエゴ・デル・モラオが1曲伴奏で参加。全9曲、歌詞付き。(中谷伸一<「PURO DRUNKER」執筆者>)

Origen y búsqueda (Romances)/Los colores de la esencia (Bulería)/Encuentros (Soleá)/Cruzando el charco (Tangos del Piyayo)/Ella es buena y volverá (Fandangos por soleá)/Preso de su cante (Taranta)/Quiéreme (Milonga-Bambera)/Con la voz en la tierra (Sigiriyas)/A mi mare y a mi pare (Bulería)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。