すべての商品 > レオ・デ・アウロラ「モントージャス・イ・マジャス・エン・ラ・アウロラ(自伝+CD)」

レオ・デ・アウロラ「モントージャス・イ・マジャス・エン・ラ・アウロラ(自伝+CD)」

レオ・デ・アウロラ「モントージャス・イ・マジャス・エン・ラ・アウロラ(自伝+CD)」

拡大画像
販売価格 : 3,900 (税抜)
ポイント : 128
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

ラモン・モントージャのひ孫、へロニモの弟のレオ・デ・アウロラの遺稿エッセイと遺作CD。

 バイレ伴奏の名手フェリペ・マジャの息子で、同じくギタリストのヘロニモ・マジャの弟レオ・デ・アウロラ(1981〜2018)が30代後半で急逝してはや一年。本作はレオが33歳で書いた自伝的エッセイ&CDだ。5歳で父フェリペが作った音楽との契約書にサインし、8歳で初舞台。海外ツアーも重ね順調にキャリアを積んでいたのだが…。タイトルのモントージャとは、フラメンコギターの開祖の一人ラモン・モントージャ(1880〜1949)を曽祖父に持つ家系ゆえ。プロローグの執筆はフラメンコ研究家の第一人者、ホセ・マリア・ベラスケス・ガステル氏、巻末に幼少時からレオを知るマドリードの老舗タブラオ「コラル・デ・ラ・モレリア」の大スター、ブランカ・デル・レイのインタビュー掲載という豪華さ。CDはブレリア、グラナイーナ、ミネーラといった伝統曲の中にも、兄ヘロニモや父フェリペとの共演を織り込み、サビーカスへ捧げたロンデーニャ、パコ・デ・ルシアへのタンゴを含むモダン・テイストの全9曲、約45分。(中谷伸一)

Buleria/ Granaina/Tanghillos/Balada/Buleria al golpe/Rondena/Tangos/Minera/Chill out India

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。