新着商品 > ロシオ・マルケス/第4作('19)「ビスト・エン・エル・フエベス」

ロシオ・マルケス/第4作('19)「ビスト・エン・エル・フエベス」

ロシオ・マルケス/第4作('19)「ビスト・エン・エル・フエベス」

拡大画像
販売価格 : 2,800 (税抜)
ポイント : 90
数量
在庫切れ商品を予約する

往年のスター歌手のカヴァー集。伝統の枠組への飽くなき挑戦がロシオの根幹!

 前衛作が続いたロシオ・マルケスのソロ第4作にして初プロデュースの「ビスト・エン・エル・フエベス」('19)は、一転して往年のスター歌手のカヴァー集。セビージャ・フェリア通りの名物木曜市「メルカディージョ」で収集した古いLPやカセットが本作の原点だ。Luz de lunaはカブレーロ、Trago Amargoはマヌエル・バジェホ、Quieroはバンビーノ、Empezaron los cuarentaはホセ・メネセ、Me embrujasteはコンチャ・ピケル、Se nos rompió el amorはロシオ・フラードという具合。とはいえ、破天荒なロシオ流アレンジは健在で、オリジナルとは似て非なる仕上がりがほとんど。Г離札蕁璽福Ε▲丱鵐疋蕁璽のブルース・ロック的リズムや、のファンダンゴのギター変奏は、曲種の定義とは一体何かを考えてしまう。伝統の枠組への飽くなき挑戦がロシオの根幹なのだ。ラストはパコ・イバニェスのAndaluces de Jaén(原詞は反戦詩人ミゲル・エルナンデス)で、大物キコ・ベネーノとデュエット。ギターのフアン・アントニオ・スアレス“カニート”が終始快演。全15曲、歌詞付き。(中谷伸一)

Luz de luna/Trago amargo/Entorna la puerta/El último organito/Andalucía/No sentir/Una vida de imagen/Llegar a la meta/Quiero/Más verdad/ Empezaron los cuarenta/Yo soy águila imperial/Me embrujaste / Se nos rompió el amor

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。