CD > カンテ > マリア・ヘスス・ベルナル('19)「ラス・マラス・レングアス」

マリア・ヘスス・ベルナル('19)「ラス・マラス・レングアス」

マリア・ヘスス・ベルナル('19)「ラス・マラス・レングアス」

拡大画像
販売価格 : 2,900 (税抜)
ポイント : 95
数量
在庫切れ商品を予約する

カンテ・ホンドの大型新人登場!一発録りで、カンテ・プーロを確実に継承。

 カンテ・ホンドの大型新人の登場だ。ヒターナかどうかは分からない。押し出しの強い風貌からしてヒターナに見えるのだが。セビージャ県プエブラ・デ・カサージャ生まれの25歳らしい。本作は全6曲で少ないが、各曲が長い!ソレア・ポル・ブレリア(7分8秒)、シギリージャ(10分33秒)、ソレア(8分28秒)、ティエントス・タンゴス(9分36秒)、ブレリアス(6分36秒)、フィエスタ(8分27秒)という具合である(註-ソレアとティエントスがクレジットと違って入れ替わっている)。これはどう見てもライブ仕立ての一発録りに違いない。「八方破れの凶暴性と自在な即興魂」と中谷伸一氏は評するが、奔放な野生はドローレス・アグヘータの若い時に通じるものがある。フラメンコのモダン化が叫ばれて久しいが、他方でカンテ・プーロの継承が確実になされていることが、マリア・ヘスス・ベルナルを聴くと分かる。伴奏はマヌエル・ヘスス・カリージョ。全6曲。

Soleá por bulería/Seguiriya/Soleá/Tientos/Tangos/Bulerías/Fiesta

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。