すべての商品 > ダビ・ラゴス/第3作('19)「オディエルノ」

ダビ・ラゴス/第3作('19)「オディエルノ」

ダビ・ラゴス/第3作('19)「オディエルノ」

拡大画像
セール期間 : 2020年05月21日 〜 2020年06月20日
通常価格 : 2,900
割引率 : 30%
販売価格 : 2,030 (税抜)
ポイント : 66
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

ダビ・ラゴス、第3作でカンテの未来形に挑戦!伝統と革新の両極が混在する緊張感!

 鬼才イスラエル・ガルバンとの共演、40代でのランパラ・ミネーラ獲得など、個性的キャリアを驀進するダビ・ラゴスは、この第3作目「オディエルノ」で、カンテの未来形へ挑んだ。「オディエルノ」は「現代風な」の意味と同時に、ギタリストの兄アルフレッド、サックスのフアン・ヒメネス、エレキチューン&パーカッション担当のアルトマティコと組んだバンド名という形。,慮橋覆魯優哀蹇Ε妊襦Ε廛┘襯箸量吉質奸屮蹈泪鵐察Ε如Ε皀鵐蓮廖↓△魯船礇灰鵑離泪薀押璽縫磧↓い魯ンティーニャ、イ魯螢咼◆璽福↓Δ魯愁譽◆↓Г魯泪螢◆璽覆箸い辰薪租パロに、サックスや打ち込み系電子ドラムを被せるフュージョン・スタイル。ジャズフラメンコというより、両極が混在する実験音楽に聴こえるのは、ダビの愛するカンテ・ホンドのモダン化の難しさだろう。プーロ・フラメンコが現代音楽と調和する鍵は何か。実際、直球勝負のカーニャは極上なのだが。とはいえ、ラストのプレゴン・デ・ミエドは、「怖れ売り」という自作詞がシュールで斬新、本作ピカ一の完成度。乞う続編!全9曲、歌詞付き。(中谷伸一)

Romance de la monja, que no quiso serlo/HodiernoEl que no tiene dinero/Me lo dijeron/El desalivio/Si pudiera/Vivo a mi manera/Repuñeteras/ Pregón del miedo

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。