新着商品 > アントニオ・カンポス/第3作('20)「タルド・アンティグオ」

アントニオ・カンポス/第3作('20)「タルド・アンティグオ」

アントニオ・カンポス/第3作('20)「タルド・アンティグオ」

拡大画像
販売価格 : 2,900 (税抜)
ポイント : 95
数量
在庫切れ商品を予約する

カンテの伝統を尊重し、独自の切り口で解釈して歌うアントニオ・カンポス新作!

 タラゴーナ生まれ、グラナダ育ちのベテラン、アントニオ・カンポスが、タブラオ録音「コラル・デル・カルボン」('09)、CD詩集「エスクリビエンド・エン・エル・アルファル」('15)に続く、第3作目「タルド・アンティグオ」('20)を発表した。研究熱心なアントニオらしく、冒頭,ら結婚式の雰囲気満載の古曲アルボレア、△魯蹈襯に捧ぐマリアーナ・イ・タンゴ。はエル・ネグロ・デル・プエルトの無伴奏コリード・デ・ラ・モンハで、続くペテネーラも伝統定番詞。見せ場はラファエル・リケーニ伴奏のД轡リージャで、音圧の鋭さはさすが。ホセ・デ・ラ・トマサに献じた┘┘鵝Ε┘襦Ε謄エンポ・デ・ソレアは、ソレア系リズムでカーニャ、ポロ、バンベーラ等を歌い継ぐ珍しい形。カーニャでは同曲の代名詞的存在のラファエル・ロメーロに敬意を表した。は俳優・劇作家のラファエル・アルバレス“エル・ブルホ”が、アントニオを賞する長文詩を朗誦する異色のラスト。メインギターはダニ・デ・モロン。全9曲。(中谷伸一)

Los cantes de mi casa (Alboreá)/La tierra no calla a Lorca (Mariana y tangos)/Acordándome de ti (Corrido y petenera)/El espigón del tiempo (Cantiñas)/ Garrotín a tus ojos (Garrotín)/Primero fue Vallejo (Rumba)/De Lebrija a Ronda (Cantes en tiempo de siguiriya)/A José de la Tomasa (Cante en tiempo de soleá)/Prólogo - Rafael Alvarez ¨El Brujo¨

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。