すべての商品 > フラビオ・ロドリゲス/第2作('19)「キンタ・エセンシア〜ウン・オメナーヘ・アル・フラメンコ」

フラビオ・ロドリゲス/第2作('19)「キンタ・エセンシア〜ウン・オメナーヘ・アル・フラメンコ」

フラビオ・ロドリゲス/第2作('19)「キンタ・エセンシア〜ウン・オメナーヘ・アル・フラメンコ」

拡大画像
販売価格 : 3,100 (税抜)
ポイント : 102
数量
在庫切れ商品を予約する

新しい三位一体を表現する意欲作!リスペクトとアフィシオンが多くのアーティストを動かしている。

 79年ブラジル・サンパウロ生まれのギタリスト、フラビオ・ロドリゲスは41歳。5歳からギターを弾き始め、13歳から音楽学校に通い、やがてフラメンコを習う。19歳でスペインに移住し、M・サンルーカル、ヘラルド・ヌニェス、R・リケーニに本格的に習う。程なくプロの仲間入りをし、アントニオ・カナーレス、ベレン・マジャほか多くのフラメンコアーティストとの共演を果たした。特にラファエル・アマルゴ舞踊団では作曲・音楽監督をも5年間務めた。本作はその彼の10年ぶりの第2作。これまでの経験とフラメンコに対するリスペクトとアフィシオンで、多くの一流アーティストを招き、現代のフラメンコの三位一体を中心に、ギターソロも含めて表現している。ブレリア・デ・ヘレスではヘスス・メンデス、ダビ・ラゴス、ロンドロの歌にディエゴ・デル・モラオも参加。タンゴではグアディアーナ、エバ・ドゥランの歌に、マヌエル・レジェスの踊り。シギリージャではドゥケンデが歌い、コンチャ・ハレーニョが踊る。泣かせるファルーカではディエゴ・アマドールが歌い、コンチャが踊る。ギターソロはタランタとソレアで聴かせる。全9曲。

¡Viva los Jerelez! (Bulerías de Jerez)/Tangos de Ravi (Tangos Extremeños)/Reflexión (Taranta) A mi madre/Trío de ases (Cantiñas) A Camarón, Tomatito y Paco de Lucía/Alivio (Toná y seguiriyas dobles)/Señor Marques (Farruca, zapateado y vidalita)/La Caña de España (La Caña)/Corazón sincero(Fandangos naturales)/Quintaesencia (Soleá)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。