名盤・再発見 > ソン・デ・ラ・フロンテーラ「ソン・デ・ラ・フロンテーラ」

ソン・デ・ラ・フロンテーラ「ソン・デ・ラ・フロンテーラ」

ソン・デ・ラ・フロンテーラ「ソン・デ・ラ・フロンテーラ」

拡大画像
販売価格 : 3,024 (税込)
ポイント : 90
数量
在庫切れ商品を予約する

[名盤・再発見]
モロンに生きるディエゴ・デル・ガストールの伝統。モロンと“トレス”、奇蹟の融合!

                     中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)  
 激しく土ぼこりが舞う、ファンおなじみのモロン・ブレリアが、メタリックな弦音の一閃で、いきなり洗練の異世界へ飛んでゆく。その秘密は、リーダーのラウール・ロドリゲス奏でるキューバの弦楽器“トレス”だ。名前の通り一見すると三弦だが、実は一弦が二本一束の作り、いわゆる複弦で、右手はピックで弾く。この複弦独特の夢幻的な残響がアラブ世界を匂わせ、モロン流の開祖ディエゴ・デル・ガストールのフレーズと、劇的なほどマッチする。ラウールは母で歌手のマルティリオがキューバでコンパイ・セグンドと共演した際、トレスを持ち帰ってくれるよう頼み、以来研究を重ねてきたという。ラウール以外は全員モロンの生え抜き(踊り:ぺぺ・トーレス、ギター:パコ・デ・アンパーロ、カンテ:モイ・デ・モロン、パルマ:マヌエル・フローレス)で固めた所も、全編が骨太なフラメンコ性を湛える理由だ。2004年発表のグループデビュー作。名盤!全8曲。

モロンに生きるディエゴ・デル・ガストールの伝統。

モロンの若手フラメンコ・グループによるモデルノ作品。ギター、歌、踊りに、キューバのトレス・ギターという楽器を加えた異色の編成で、新解釈によるモロン・スタイルのソレア、シギリージャ、ブレリアなどを演奏。モロン出身グループだけに、伝統的なモロンの特徴をよくとらえていて面白い。偉大なギタリスト、ディエゴ・デル・ガストールの名曲も収録。全8曲。

今のノリと伝統モロン・スタイルの融合が素晴らしい!スタイルは生まれ変る。

Buleria Negra del Gastor/ Como el agua entre las piedras/ Buleria del corazon/ Arabesco/ Cambiaron los tiempos/ Recuerdo/ Tangos de mi novia/ Buleria de las flores

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。