CD > ギター > アントニオ・レイ/第3作('13)「カミーノ・アル・アルマ」

アントニオ・レイ/第3作('13)「カミーノ・アル・アルマ」

アントニオ・レイ/第3作('13)「カミーノ・アル・アルマ」

拡大画像
販売価格 : 2,916 (税込)
ポイント : 87
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

アントニオ・レイ早くも第3作!持ち前の劇的展開に加えて、詩的で抒情性に富んだ作風。
 
 現代スペインの若手フラメンコ・ギタリストのトップ、アントニオ・レイが早くも11年から2年ぶりで第3作をリリースした。81年生まれの彼は今年32歳。数々のギター・コンクールで優勝し、若手のトップの座を守ってきた彼が、32歳にして3作目を出す。創作することが手詰まりで難しくなっている現代フラメンコの状況下で、マンネリズムに陥ることなく新しいフラメンコを発信できていることが素晴らしい。本作では持ち前の劇的展開に加えて、
詩的で抒情性に富んだ作風が魅力的だ。
 初めてのファンダンゴ、鬼才ディエゴ・アマドールを迎えてのルンバ、パコ・デ・ルシアに捧げられた2作目となるタランタでは益々冴える高音とその音色変化とこの上なく美しいフレーズの連なり、モライートに捧げられたブレリアでは、ディエゴ・デル・モラオ、ディエゴ・カラスコらが参加し、モライートのファルセータをモラオと2人で弾き、カラスコが歌うというこれ以上ない雰囲気で、リズムにアネ・カラスコを参加させることも忘れていない。アントニオ・レイはパジョ(一般スペイン人)だが、常にヒターノのエッセンスを大切にしているところが素晴らしい。そのほかの参加アーティストとして、ホセミ・カルモナ、チャボリ、エル・シガーラ、ミゲル・ポベーダほか。全8曲。

★この上なく美しい高音とその音色変化!

Camino al alma(Ritomo de Fandango)/Nuevo horizonte(Rumba)/Arco de Santiago(Buleria)/ Maestro Lucia(Taranta)/Paseando(Bolero)/Al Tío Morao(Buleria)/La raíz de lo puro(Granaina)/Alma

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。