CD > カンテ > ホセ・メネーセ「カンテス・フラメンコス・バシコス」

ホセ・メネーセ「カンテス・フラメンコス・バシコス」

ホセ・メネーセ「カンテス・フラメンコス・バシコス」

拡大画像
販売価格 : 3,024 (税込)
ポイント : 90
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

不屈の闘志みなぎる若き炎で、重厚な正調カンテを徹底的に燃やし尽くす名唱!   

                        中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)  
 セビージャから東へ約60キロの街、ラ・プエブラ・デ・カサージャは「レウニオン・デ・カンテ・ホンド」という、約半世紀も続く伝統的なフェスティバルで知られる。ホセ・メネセは同地の代名詞的な唄い手で、今や70代前半となった大ベテラン。海賊風の黒い眼帯を着け、フェスティバルのポスターやジャケットも手掛けた同郷の画家・詩人のフランシスコ・モレーノ・ガルバンの監修の元、1967年に発売されたRCA原盤LPの復刻盤が本作。タイトル通り、ソレア・デ・アルカラ&フアニキ、シギリージャ、ティエント、マルティネーテといったカンテの屋台骨の曲種に、当時20代半ばのメネセが全力でぶつかる図式。ややハスキーな、不屈の闘志みなぎる若き炎で、重厚な正調カンテを徹底的に燃やし尽くす名唱である。熱血漢のパジョ(非ヒターノ)のメネセと、ヒターノのベテラン奏者で、クールなメルチョール・デ・マルチェーナの対比も絶妙。レトラにカロー(ヒターノ語)が多い点も面白い。詩人ラファエル・アルベルティの献辞がライナーに掲載。全6曲、歌詞付き。【完全燃焼度★★★★★】

フランシスコ・モレーノ・ガルバンの詩によるカンテ・フラメンコ。伴奏メルチョール・デ・マルチェーナ、全6曲、歌詞付き。

ソレアレス・デ・アルカラ/ティエントス/メルティネーテス/セギリージャス・イ・カバーレス/ソレアレス・デ・フアキニ/セギリージャス