名盤・再発見 > アントニオ・エル・チャケータ「パシオン・ポル・エル・カンテ(CD2枚組+本)」

アントニオ・エル・チャケータ「パシオン・ポル・エル・カンテ(CD2枚組+本)」

アントニオ・エル・チャケータ「パシオン・ポル・エル・カンテ(CD2枚組+本)」

拡大画像
販売価格 : 4,536 (税込)
ポイント : 136
数量
在庫切れ商品を予約する

[名盤・再発見]

内在するコンパス感が聴き所。今でも伴唱やソロで耳にする定番歌詞が多く、原点探求に好適!

                       中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)  

 英領ジブルラルタルの玄関口、ラ・リネア出身のアントニオ・エル・チャケータ(1918〜1980)は、マドリードの「ビジャ・ロサ」やトレモリーノスの「エル・ハレオ」など、各地のタブラオで活躍したカンタオール。1950年代の初期録音が大ヒットして黄金期を迎えた。「レポンパ・デ・マラガ/アントニオ・エル・チャケータ」('98/BMG)はこの時のコロンビア原盤を復刻したもの。一方、本作は2枚組で“歌知り”の評判通り10曲種以上を収録し、前述作とのダブりは無い。特にCD1は 銑Г泙如▲ター伴奏無しのソレア、マラゲーニャ、カンティーニャス、リビアーナス等を唄う珍しいスタイルで、内在するコンパス感が聴き所。今でも伴唱やソロで耳にする定番歌詞が多く、原点探求には好適だ。伝記本は生涯を丹念に追った内容。二番目の妻で18歳下の美人バイラオーラのアデラ(名フェステーラで遠縁のアデラ・ラ・チャケータとは別人)とのなれそめ話や、カレーテや初代ファルーコ、マリオ・マジャ、カルメン・アマジャ、ローラ・フローレスらとの貴重写真が充実。2枚組全23曲、歌詞付き。


唯一無二のスタイル、そして歌知りのチャケータ限定盤(再紹介)。 

 アントニオ・エル・チャケータは、1918年カディス県リネアに生まれ、80年マドリードで没したヒターノ。長い伝統を持つロス・チャケータスのファミリーで育ち、幼少の頃より歌い始めた。55年発表のペリーコのアンソロジーでは、カディス派のカンタオールとしてロメーラとカバーレスを歌い、その存在を示した。またマドリードのタブラオ、ビジャ・ローサで長い間歌った。彼の通好みで歌知りの、唯一無二のスタイルのカンテは、多くのアフィシオナードに支持され、忘れられないものとなった。彼の録音は極めて少なく、51年のコロンビア盤(現在レポン
パ・デ・マラガとのカップリングにあり)のほか数曲があるのみで、本作はプライベートながら未発表の録音として大変貴重。伝記本(スペイン語)には、ファミリーの歴史、全録音の解説などが掲載。CDはシリアルナンバー付き限定盤、全23曲、歌詞付き。

CD1:Bulerias/Soleares/Malaguenas/Martinetes, Tonas y Siguiriya/Cantinas/Tangos/Bulerias/Soleares/Soleares/Siguiriyas
CD2:Tientos/Fandango verdial/Fandangos/Fandangos/Bulerias/Cantes del Piyayo/Malaguenas y Cartagenera/Siguiriya/Soleares/Soleares Apolas y Corrido natural/Alegrias de Cadiz y Cordoba

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。