新着商品 > ルシア・フェルナンダ/デビュー作('21)「ジェレム」

ルシア・フェルナンダ/デビュー作('21)「ジェレム」

ルシア・フェルナンダ/デビュー作('21)「ジェレム」

拡大画像
販売価格 : 3,520 円(税込)
ポイント : 105
数量
在庫切れ商品を予約する

YouTubeで300万回再生突破!アビチュエラ家の孫娘ルシア・フェルナンダ鮮烈デビュー。

 1996年マドリード生まれ、25歳のルシア・フェルナンダは、ヌエボ・フラメンコの象徴「ケタマ」のヴォーカリスト、アントニオ・カルモナの娘。祖父はアビチュエラ家の長フアン・アビチュエラと、抜群の血統を持つ。デビューアルバム「ジェレム」('21)は、強烈なフラメンコ性をバックに、ラップやヒップホップといったストリートミュージックを混淆させたニュー・フュージョン。中でも「カナステーラ」は、タンゴのコンパス&トラップ(重低音電子ビートを強調したラップの新種)のミクスチャーが受け、YouTubeで300万回再生を突破。アビチュエラとサクロモンテ出身のカナステーラと歌いながら、ラップのビートで踊り狂うスタイルは斬新。タイトル曲「ジェレム」はロマ民族頌歌の題名を冠したラヴソング。「バイランド・コン・ミ・ヘンテ」ではルンバ・ヒターナの雄パリータとペスカイージャへのオマージュ。全編作詞作曲、フラメンコギターも弾き、ケンブリッジ大卒の才媛だが、最大の魅力はソニケーテが脈打つワイルドで甘やかなヒターナヴォイス。ゲスト・ギターにフアン・アビチュエラ・ニエト、パーカッションに父アントニオ・カルモナ。全11曲、歌詞付き。(中谷伸一)

Felicidad/Es así/Bailando con mi gente/Déjame/La manta/Por ti - con Rocco/Canastera - con Moncho Chavea/Te vas/Yelem tiempo/Vale cero

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。