すべての商品 > トマス・デ・ペラーテ('22)「トレス・ゴルペス」

トマス・デ・ペラーテ('22)「トレス・ゴルペス」

トマス・デ・ペラーテ('22)「トレス・ゴルペス」

拡大画像
販売価格 : 3,960 円(税込)
ポイント : 118
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

マヌエル・トーレの孫トマス・デ・ペラーテ新譜!カンテ純血種がその純粋さを残しつつ挑んだ新しいフラメンコ世界。誰もが聴くべし!

 主役のトマス・デ・ペラーテ(1964〜)は、父ペラーテ・デ・ウトレーラ(1915〜1992)、祖父にマヌエル・トーレ(1878〜1933)を持つカンテ界のスーパーサラブレッド。企画のペドロ・G・ロメーロ、プロデュース&ギタリストのラウール・レフリー(ロサリア第1作を伴奏&プロデュース)という頭脳派二人が、「カンテ純血種が前時代の古曲を歌ったら?」を具現化したのが本作。17世紀の舞曲チャコーナ,筌魯ラ、アフロ・カリビアン系ファンダンゴ・カジェへーロ◆中世イベリアの舞曲フォリアなどがその原曲だが、トマスの素朴な渋声とアレンジ巧者の手腕により、「タイムスリップ・フュージョン」は絶妙な出来映え。ストレートなカンテホンドはぅ轡リージャ、ソレアだが、白眉はのフィエスタ風「ブレリア・デ・バセ(根本のブレリア)」。モロンの名手パコ・デ・アンパーロがフラメンコ以外の曲も弾く八面六臂の活躍。全11曲。(中谷伸一)

Boa Doña, chacona de negros y gitanos (Chacona)/Tres golpes (Fandango callejero)/Yo soy la locura (Folía)/Si algún día (Seguiriyas del Nitri, La Cherna y José de Paula)/Noche oscura (Toná de Jacinto Almadén)/Arde la casa de Cupido (Seguidillas mitológicas de Alosno)/Melisenda insomne (Romance carolingio de tradición sefardí)/Los fonemas, Karawane (Tonás)/No hay que decir el primor (Jácara)/Soleá sola (Soleá de la Serneta)/Bulerías de la base)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。