CD > フアンフェ・ペレス/デビュー作('22)「プロイビード・エル・トーケ」

フアンフェ・ペレス/デビュー作('22)「プロイビード・エル・トーケ」

フアンフェ・ペレス/デビュー作('22)「プロイビード・エル・トーケ」

拡大画像
販売価格 : 3,080 円(税込)
ポイント : 92
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

フラメンコ・ベースの革命的作品!ギターテクニックを全てベースで表現。ノリも抜群。決して聴き逃せない1枚。

 ウエルバ生まれの謎のベーシスト、フアンフェ・ペレス。グーグル検索しても一切出てこない進退不明な存在だ。ところがそのベースのテクニックたるや驚愕に値する。それはつまり、ベースをフラメンコギターのように自由自在に弾きまくるところだ。ギターテクニックのラスゲアードはもちろんのこと、アルサプーア、ピカード、トレモロなどもやってのける。1曲目のブレリアは抜群のノリで、モタることなど一切ない。2曲目のソレアでは、ゆったりした重厚な味わいからソレポル風のテンポに変化し、そのノリがめちゃカッコいい。6曲目のアレグリアスでは、今破竹の勢いのカンタオーラ、ロサリオ・ラ・トレメンディータを迎え、カンテとの絡み合いがもの凄い。8曲目のマルティネーテでは、シギリージャのコンパスの上に足音、タブラやシタールが絡み、そこにベースが大きく被るという独特の世界を作り出している。ピカードの速さから想像するに、カルロス・ベナベンテのようにピックを使っている可能性もあるが、ピックを持ちながら他のギターテクニックもやっているのだろうか?いずれにしても、カルロス・ベナベンテよりずっとフラメンコ、と言うよりフラメンコそのもの!フラメンコ・ベースの革命的作品だ。全10曲。

PROHIBIDO EL TOQUE(buleria)/RECREACION TRADICION TRAICION(solea)/DUERMEVELA(preludio)/MIENTRAS DUERMES(alegrias)DE HOJAS(preludio)/DE TIERRA(trilla/martinete)/20 CIGARRITOS PAL PECHO(buleria)/PLAZA DEL POTRO(taranta)

あなたへのオススメ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。