CD > カンテ > ペルラ・デ・カディス「ペルラ・デ・カディス限定盤」

ペルラ・デ・カディス「ペルラ・デ・カディス限定盤」

ペルラ・デ・カディス「ペルラ・デ・カディス限定盤」

拡大画像
販売価格 : 3,300 円(税込)
ポイント : 99
数量
在庫切れ商品を予約する

あのカマロンにも直接・間接的に影響を与えまくったペルラ!ファンは絶対聞き逃せない必須アイテムだ。

 カディスの至宝、あのカマロンにも直接・間接的に影響を与えまくったペルラのコンピレーション盤。シングル・EP・アンソロジーへの参加音源などが中心で、他のCD化されたアルバムに入っていないものがほとんど。コプラやカンシオン風のアレンジのものも数曲入っていて、現在は本格派カンタオーラとして知られるペルラの別側面が垣間見えて微笑ましかったりもする。しかし聴き所はやはり地元のカディスのプーロなカンテ群。元々がシングル等で出ていた音源のせいか、ペルラが得意とするブレリアとカンティーニャ系が多く、なんと19曲中怒涛の12曲!総合的にプロデュースされたアルバムではまず見られないアンバランスさだが、ちっとも飽きないのがペルラの凄いところ。彼女の天真爛漫かつおおらかなアルテに浸ることができる。JMガンボア大先生のライナーもリキが入っていて辞書を引き引き読むと興味深いエピソードが満載。ペルラ・ファンは絶対聞き逃せない必須アイテムだ。 (Ulito)


カディスのアイレの見本のようなアレグリアスは勿論、鋭くスピーディなノリは現代でも一線級!

                    中谷伸一(「PURO DRUNKER」執筆者)  
 ラ・ペルラ・デ・カディス(1925〜1975)と言えば、20世紀最高のカリスマ、カマロンに強い影響を与えた名手の一人。地元ペーニャにもその名前が冠され胸像も建つ、カディスを代表するスターだ。本作は1959年から1960年代半ばに発売された、別個の収録音源の再編集ヴァージョン。冒頭,離屮譽螢◆↓△離ンティーニャスから、ペルラ未聴のカマロンファンは驚愕必至だ。節回しの細部に至るまで、ほぼ完璧なコピーがわかる。「このルビオ(金髪=カマロンのこと)は私の全レパートリーを取って、私より上手に唄うわ!」と本人が驚いた逸話が残るほど。カディスのアイレの見本のようなアレグリアスは勿論だが、ブレリア、ルンバにおける鋭くスピーディなノリは現代でも一線級。ジャガイモ売りで愛好家だった母ロサ・ラ・パペーラに幼少より薫陶を受け、こうした素養を培ったという。ペルラ、チャノ・ロバート、カマロン、ダビ・パロマールとつながるカディスの系譜。きらめく潮風アイレの原典の一つがコレだ。研究家ガンボア氏のライナーが超マニアック。計19曲。【カディスの母度★★★★★】

ペルラ・デ・カディス絶頂期の貴重な録音。

カマロンをはじめ現代のカンテに多大な影響を与えた彼女の絶頂期、50年代〜60年代の録音を集めたもの。CD初出の貴重な音源も多数。伴奏はパコ・アギレーラ、フェリクス・デ・ウトレーラ、アントニオ・アレーナス、モライート、メルチョール・デ・マルチェーナ他。全19曲。

フィエスタ/ カンティーニャス/ ファンダンゴ/ ブレリア/ ロマンセ・ポル・ティエント/ ルンバ/ ブレリア/ ティエント/ ファンダンゴ/ ロメーラ/ アレグリアス/ ブレリア/ ブレリア/ ルンバ/ タンゴ/ ブレリア/ アレグリアス/ ブレリア/ アレグリアス

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。