CD > カンテ > フアン・モハーマ('02)「エセンシア・フラメンカ(フラメンコの真髄)(SONIFOLK盤)」

フアン・モハーマ('02)「エセンシア・フラメンカ(フラメンコの真髄)(SONIFOLK盤)」

フアン・モハーマ('02)「エセンシア・フラメンカ(フラメンコの真髄)(SONIFOLK盤)」

拡大画像
販売価格 : 2,750 円(税込)
ポイント : 82
数量
買い物かごに入れる

電話注文の方はこちら 03-6454-0662
※火曜 〜土曜日 11時〜19時まで受付可

ソレアやシギリージャの黒い狂気もさることながら、ヘレス伝統のブレリアなどの洒脱な味わいも特筆モノ!

 130年前の1892年8月、へレスのサン・ミゲル地区に生まれたフアン・バレンシア・カルピオことフアン・モハーマ。色黒で痩せた風貌から乾燥マグロ(=モハーマ)と呼ばれた、フラメンコ家系出身のヒターノの唄い手だが、同郷の巨匠アントニオ・チャコン(1869〜1929)の影響を受け、張り詰めた繊細な歌い口が魅力だった。本作は一部のマニアしか知らなかったモハーマの実力を、現代のファンに知らしめた名盤。1928年にグラモフォノ社で録音した10曲を、老舗レーベルのソニフォーク社が復刻した。評判だったソレアやシギリージャの黒い狂気もさることながら、ヘレス伝統のブレリア、当時流行りのアレグリアスやカラコーレスなどの洒脱な味わいも特筆モノ。細密な調査に基づいた評伝と、各曲種のオリジナルまで言及した、研究家ホセ・ブラス・ベガ氏執筆のライナー(西英2カ国語)が充実。伴奏は当時40代後半のラモン・モントージャ。全10曲。(中谷伸一) 

Presumes que eres la ciencia (Soleares)/ Hablo con Jes?s y le digo (Tientos)/ Aunque toquen a rebato (Soleares de“El Mellizo”)/ Rosa si no te cog? (Media grana?na)/ Me echas por penitencia (Alegr?as)/ Los ojitos de mi hermana Mar?a (Siguiriyas)/ En la iglesia Mayor de Sevilla (Buler?as)/ Tanto he dorm?o (Siguiriyas)/ Con la Virgen del Pilar (Media grana?na)/ Manuela Reyes (Caracoles)

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※氏名欄はハンドルネーム可。

レビューを書く

入力された顧客評価がありません。